お問合せ 電話でのお問合せ 0120-246-029 電話でのお問合せ 0120-246-029

プロフェッショナル

プロフェッショナル
ホーム > プロフェッショナル

プロフェッショナル

広島市中区生まれ、広島を知り尽くした一級建築士

長島 周平

常務取締役 リフォーム担当
長島 周平
資格 / 一級建築士、一級建築施工管理技士、
    建築仕上診断技術者

趣味 / 釣りやゴルフ、アウトドア、バンド活動など。
    ゴルフはなかなか上達しませんが楽しくやってます。

メッセージ

 建築をしてみたいと思ったのは中学校3年生の頃でした。私は広島市中区で育ち、江波中学校へ通っていたのですが、将来の進路希望の用紙に一級建築士と書いたのを覚えています。本当に何気なくでした。何か作る仕事がしたい、作るなら大きい物を作ってみたいと思い「建築」を選びました。高校は広島国泰寺高校、大学は東京工芸大学の建築学科に入学しましたが、学生時代はJAZZ研究会に入り音楽活動の日々。建築学科から脱線気味になりかけたこともありました。

 これでは卒業がまずいと4年生の時に巻き返しを図りました。もちろんJAZZもやりながらでしたが、何とか留年は免れました。そんな中、興味のあった家具に惹かれて、勉強してみたいなと思うようになりました。北欧の建築家や家具デザイナーであるアルヴァ・ア-ルトやハンス・J・ウェグナー、アルネ・ヤコブセンなどの機能性とデザイン性が両立した椅子に惹かれました。家具を自分で作ってみたいという考え方も生まれましたが、まずは家具屋で働き家具に触れる事から考え、就職活動を行いました。そこで就職が決まったのが北欧の輸入家具の組立・配送員でした。

仕事の内容はというと、サイドボードやベッドの組立からウォールユニットなどの壁面全体の収納などをお客様の家で組み立てていく仕事で、色々な場所へ行っては作っていました。1日に3~4件ぐらいでしょうか。高層マンションの38階やデザイナーズ住宅などいろいろなお宅にお邪魔させて頂きました。今思うと作業はほぼ職人に近いことをやっていましたね。そこでの仕事が今の職人さんの事を考える事に繋がっているのかもしれません。

 そして「帰ってこないか」という親の一言で家具屋をやめて広島に帰る事を決めました。丸福建材工業に入社した当時は新築マンションなどの下請の専門業者として多くの仕事をしていました。正直、入社前は建設業って何かごまかしているような世界かと思っていました。しかし実際は違いました。誠実にまた技術的に高い仕事をして行こうという思いが社員や職人さんから伝わってきました。私はなぜこんな良い技術を持っていながら一般の人へサービスしていかないのかと疑問に思いました。もちろん同時に変わっていかなければいけない所も見えてきましたが、一般のお客様との関わりにより変わっていく事が必要と考え、リフォーム工事部を作ろうと考えました。

私はそれから一級建築士を取得し広島の街を、建物を良くしたいと思って活動しているつもりですが一級建築士といってもただの資格だと考えています。現場をされた方はわかると思いますが、建築には経験が必要であり、いろんな現場をこなす事や人生経験なども必要なのだと思います。

 私には子供が3人いるのですが、子育てに適応した間取り等あるのかと調べたことがありました。「勉強させるのはダイニングが良い」など聞いたことありませんか?確かにそうなのですが、「ダイニングで」というより親の気配を感じたいという事が大切な事であり、どこかに見守ってくれている安心感が必要だということでした。私の子供もなぜかリビング前の廊下で宿題をしています。子供部屋の配置により心理的に悪い方向へ作用する間取りなどもありますので、リフォームの際に変えていくのも一つだと思います。

 また、子供3人もいれば家事の協力もしないと・・。いや、させられている?でもそのお陰で家事動線や収納などの事も見えてきました。昨今、調理用の家電製品が増えている中「電子レンジ」の置き場だけでは少ないですよね。コンセントも昔より増やさないといけませんし、キッチンと同じ大きさぐらいのカップボードが欲しいところですね。(電気ポットや炊飯器などカウンターで一並びになっていると便利ですが・・。)また、大型スーパーなどの普及により備蓄するものが増え、パントリーという収納が必要です。災害時の対策なども出来ますし、掃除道具なども入れてなどなど・・。と考えて行くとダイニング・キッチン・パントリーというスペースの重要性が分かります。

 家庭での経験もそうですが、お客様と話をさせて頂く事で勉強になることもたくさんあります。人と人との繋がりが楽しくもあり難しいこともありますが、そんな中で良い物を作っていけたらと思っています。まだまだ職人さんと相談しながら、色々な勉強しながらの途上でありますが、ぜひ一緒に楽しいリフォームを目指していきましょう!

プロフェッショナル

広島市中区生まれ、広島を知り尽くした一級建築士

長島 周平

常務取締役 リフォーム担当
長島 周平
資格 / 一級建築士、一級建築施工管理技士、建築仕上診断技術者

趣味 / 釣りやゴルフ、アウトドア、バンド活動など。ゴルフはなかなか上達しませんが楽しくやってます。

メッセージ

 建築をしてみたいと思ったのは中学校3年生の頃でした。私は広島市中区で育ち、江波中学校へ通っていたのですが、将来の進路希望の用紙に一級建築士と書いたのを覚えています。本当に何気なくでした。何か作る仕事がしたい、作るなら大きい物を作ってみたいと思い「建築」を選びました。高校は広島国泰寺高校、大学は東京工芸大学の建築学科に入学しましたが、学生時代はJAZZ研究会に入り音楽活動の日々。建築学科から脱線気味になりかけたこともありました。

 これでは卒業がまずいと4年生の時に巻き返しを図りました。もちろんJAZZもやりながらでしたが、何とか留年は免れました。そんな中、興味のあった家具に惹かれて、勉強してみたいなと思うようになりました。北欧の建築家や家具デザイナーであるアルヴァ・ア-ルトやハンス・J・ウェグナー、アルネ・ヤコブセンなどの機能性とデザイン性が両立した椅子に惹かれました。家具を自分で作ってみたいという考え方も生まれましたが、まずは家具屋で働き家具に触れる事から考え、就職活動を行いました。そこで就職が決まったのが北欧の輸入家具の組立・配送員でした。

仕事の内容はというと、サイドボードやベッドの組立からウォールユニットなどの壁面全体の収納などをお客様の家で組み立てていく仕事で、色々な場所へ行っては作っていました。1日に3~4件ぐらいでしょうか。高層マンションの38階やデザイナーズ住宅などいろいろなお宅にお邪魔させて頂きました。今思うと作業はほぼ職人に近いことをやっていましたね。そこでの仕事が今の職人さんの事を考える事に繋がっているのかもしれません。

 そして「帰ってこないか」という親の一言で家具屋をやめて広島に帰る事を決めました。丸福建材工業に入社した当時は新築マンションなどの下請の専門業者として多くの仕事をしていました。正直、入社前は建設業って何かごまかしているような世界かと思っていました。しかし実際は違いました。誠実にまた技術的に高い仕事をして行こうという思いが社員や職人さんから伝わってきました。私はなぜこんな良い技術を持っていながら一般の人へサービスしていかないのかと疑問に思いました。もちろん同時に変わっていかなければいけない所も見えてきましたが、一般のお客様との関わりにより変わっていく事が必要と考え、リフォーム工事部を作ろうと考えました。

私はそれから一級建築士を取得し広島の街を、建物を良くしたいと思って活動しているつもりですが一級建築士といってもただの資格だと考えています。現場をされた方はわかると思いますが、建築には経験が必要であり、いろんな現場をこなす事や人生経験なども必要なのだと思います。

 私には子供が3人いるのですが、子育てに適応した間取り等あるのかと調べたことがありました。「勉強させるのはダイニングが良い」など聞いたことありませんか?確かにそうなのですが、「ダイニングで」というより親の気配を感じたいという事が大切な事であり、どこかに見守ってくれている安心感が必要だということでした。私の子供もなぜかリビング前の廊下で宿題をしています。子供部屋の配置により心理的に悪い方向へ作用する間取りなどもありますので、リフォームの際に変えていくのも一つだと思います。

 また、子供3人もいれば家事の協力もしないと・・。いや、させられている?でもそのお陰で家事動線や収納などの事も見えてきました。昨今、調理用の家電製品が増えている中「電子レンジ」の置き場だけでは少ないですよね。コンセントも昔より増やさないといけませんし、キッチンと同じ大きさぐらいのカップボードが欲しいところですね。(電気ポットや炊飯器などカウンターで一並びになっていると便利ですが・・。)また、大型スーパーなどの普及により備蓄するものが増え、パントリーという収納が必要です。災害時の対策なども出来ますし、掃除道具なども入れてなどなど・・。と考えて行くとダイニング・キッチン・パントリーというスペースの重要性が分かります。

 家庭での経験もそうですが、お客様と話をさせて頂く事で勉強になることもたくさんあります。人と人との繋がりが楽しくもあり難しいこともありますが、そんな中で良い物を作っていけたらと思っています。まだまだ職人さんと相談しながら、色々な勉強しながらの途上でありますが、ぜひ一緒に楽しいリフォームを目指していきましょう!

コンテンツ
コンテンツ
  • リフォーム
  • 収納ママ
  • ただいまリフォーム中
  • イベント
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフブログ
  • エムレコチャンネル
  • お問合せ
  • リノベーション住宅推進協議会
  • プロフェッショナル
    プロフェッショナル
    お問合せ・資料請求
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ